Bangはちょっとした用を済ませるため、バイクにキーをさしたまま,ほんの数分間バイクを離れた。元の場所に戻った時にはBangのRZRはその場に無かった。呆然としたまま俺たちの前に現われたBangは呪文のように呟いていた。

「僕のバイクが無い」「僕のバイクが無い!」「僕のバイクが無い!!」

みんなでそのあたりを捜すが、当然見つからない。
”ひどい奴がいるもんだ”と思いつつオレも自宅に戻る。

そしてオレは見た! これは幻か!!

オレの自宅の向かいのアパートの駐車場にBangのRZRが。
確かに同じナンバーだ。

スクランブル開始!。盗難の話知ってる奴全員とBangに連絡。次の日早朝から、ヒマな奴らとBangが交代で見張りまくる。警察にも連絡するが、結局犯人は特定できず。バイクだけ引き取る。

なんか、納得いかないし、笑い飛ばせない後味の悪いエピソードとなる。

向かいのアパートにバイク泥棒がいると思うと気持ち悪いので俺も引っ越しをした。
バイクへ 健康法師の庵へ お馬鹿な奴らと思い出へ
見取り図へ