俺は晴れ男!
俺が雨男かよ!
小布施へGOだっ
温故知新とは
紅葉とカレー
予定先は予想外
初乗り、初飛び
寝坊と野獣肉
猿だ鰻だ心太だ
 
 

神津牧場『練りに練った計画の、予定先は予想外』


毎年夏の恒例、富士山一周ツーリングも10年以上続けると、もういい加減飽きていた。ツーリング・マスターのイケピーが、「今年は信州に行きましょう」というので、「じゃあ、計画ヨロシクね」とアッサリと決定。集合は中央道の石川PA。参加した奴らは、Zephyr1100のナッカー、CBR900RRのオグオグ、CB1000SFのスカル、GSXR-1100のイケピー、CBR600Fのグッサン、RGV250ガンマのケンとRG500ガンマの俺の計7台。ケンだけは家が横浜の方なので八王子の料金所で待ちあわせ。

スカルが走り出す直前に 『写るんです』 をタンクバッグに固定しながら、「俺が写してやるからよ」とか言ってる。どうやら並走したバイクを写す気らしい。続いて、「ちゃんと俺の横に並ぶんだぞ」と偉そうに言ってた。高速を走り出し、一台ずつスカルを追い越して行く。「そろそろ俺の番かな?」と思っていたら、スカルのバイクから何かが空中に飛び出すのが目に入った。空中に飛び出した物は、一度スカルのバイクのサイレンサーに激突して俺の方へ飛んでくる!! 実際は一瞬だったんだけど、スローモーションで見えたような気がした。それはスカルが用意してた 『 写るんです』 が宙を舞う姿だった

スカルは相変わらず後付のリミッターカットの不調でいきなり失速したりするが、それ以外の奴らは快調に走る。俺のガンマはサイレンサーがカーボンでベトベトだったので調子は今いち。八ケ岳PAでみんなが休憩中にプラグの調子を見た。ちょっと湿気ってるプラグが有ったけど、まぁしょうがないか。

カンバン初登場諏訪南ICで高速を降りる。心なしか風が爽やかな気がした。国道299号で茅野市を抜けて麦草峠を目指すはずが、いきなり道に迷う。おいおい、ツーリング・マスターのイケピー大丈夫かよ? スカルとイケピーの2人でルートを再確認して再スタート。無事国道299号へ出る。「ほー299号ということは、秩父の方まで走れるのか」とアホな事考えている内に当時は国道で一番高い地点だった麦草峠に到着。麦草峠って昔の日本映画の題材に有った気がするけど全然思い出せなかった。

麦草峠にて観光バスが何台も走って渋滞気味なので、イケピーが、「脇道にそれてパスします」と声をかけて走り出し、入った脇道の凄い事、凄い事。細い道なのはバイクだから平気だけど、凄い急勾配の下り坂。おまけに四輪がずっとブレーキをかけて下ってるらしく、路面が波打ったデコボコ道。俺のガンマは足回りを改造して、きつめの前傾ポジションにしてたから、前ブレーキを掛けると体が前に落ちそうになる気がする。そして、きっちりニーグリップすると今度はバイクごと前転しそうな気がした。俺以外のレプリカ乗りも、似た状況だったらしく国道141号に抜けた時、イケピーにブーブー文句言ってたぞ。俺とナッカー。麦草峠にて

次の目的地は臼田町にある 『竜岡城跡』 函館の五稜郭と同じ様な星形をした城跡らしい。でもその前にグッさんがパンクしたらしいぞ。少し戻った所にバイク屋が有ったので、そこまで行って修理するそうな。俺は青々と稲穂が茂る田圃の脇にケンと二人で腰掛けて、田圃の中を泳いでいるアオガエルを見ながら、「ねえ、喉が渇いてきてない?」 「ええ、でも自販機なんか全然無いですよ」と、のんびりとした話をしていた。

山道を登るグッさんとオグオグ竜岡城跡に着いたけど、俺には単なる小学校のグラウンドにしか見えないぞ。グラウンドの周りに昔の堀後が残っていて、それを見ると星型の一部分に見えるけど、俺には単なる小学校にしか見えなかったぞ。そして次は『最勝洞』という所に行くらしい。県道を東へ走り、雨川ダムの横を走り、田口峠を越えてその場所へ向かう。地図には地底湖と記入されている。「おー岩手県岩泉にある龍泉洞みたいだ」と言いながら現地へ到着。しかし目的地は山の上にあるらしい。なだらかな山道を登るとすこし広い場所に出た。最勝洞はまだ先。そこから本格的に始まる山道を登って行くと看板に書いてある。俺とスカルは、「もういやだ。ここで待つ」と我が儘を言って、一服していた。その時、たどり着いた奴らが 「おー!すげぇ!!来た方がいいよー」って叫ぶから、スカルと二人で山道を嫌々登って行くと山腹にポッカリと穴が開いていた。中を覗くと確かに水は有った。でも俺には単なる水たまりにしか見えなかったぞ。俺とスカルはブツブツと文句をたれた。そして猛烈な暑さと山登りで喉は渇き、空腹感も感じだした。そして爽やかな風は何処へやら、高原にいるのにこの暑さは何なんだよ!

「早く神津牧場に行こうぜ。ルートは?」 地図を見ると直線距離では真北に8キロ位しかないが、いったん東の群馬県の南牧村へ出て進路を北に取り下仁田町へ。そこで西へ転進して長野県の県境まで走り、北に向かって峠道を通った所にある。「これ遠いよ・・・

一応は予約してあるし、今からじゃ何処に行けば飯が食える店があるのか、全然判らないから行くしかない。そして計画じゃ、そこがハイライトだからね。国道を走る観光バスやトラック、乗用車、そんな物目に入らない位ガンガンスリ抜けをするドンドン喉が渇いて来る。暑くて頭がボーっとしてくる。『水が飲みたい・飯を食いたい』そんな動物的な衝動のみでひたすら飛ばす。今の俺に見える物は前を走るイケピーの後ろ姿だけ。喉の渇きも空腹感も臨界点に達した時、やっとたどり着いた。

もう駄目だ。我慢できない!!」とレストハウスへ急ぎ足で向かうと、ゲゲっ!すごい混んでる外に何人も人が並んでいた。「俺、ちょっと聞いてきます」とイケピー。俺はふと見た水道が凄く気になっていた。蛇口からホースが伸びてる。ホースを手に取り蛇口を捻ってみる。冷たい水が出てきたぞ。顔に水をかけると冷たくて、思わず、「気持ちいい」と叫んでしまった。その声でみんなが寄って来る。ホースをそっちに向け水をかけると、「止めてくれー」とか言いながらも喜んでいたぞ。それを見ていた観光客から大笑いされた。大騒ぎしてる俺らにイケピーが、「OKです」と声を掛ける。「やったー。予約優先じゃん

死ぬほど旨かった飯とビール俺、ナッカー、イケピー、オグオグが一つのテーブル。スカル、ケン、グッさんがもう一つのテーブルに座る。「すみませーん。ビールを人数分、7本下さい」 コップに注ぐ。みんなで乾杯!「うんめぇー!」 バーベキューを食う食う。ビールを飲む飲む。鉄板の上がドンドン片付いていく。半分以上食った頃、グッさんがとんでもない事を言い出した。「すみません。赤ワイン下さい」 俺らはグラスかハーフだろうと思っていたらフルボトルが出てきやがった。「ねえ、それ誰が飲むの?」 グッさんは困ったような顔をする。仕方ないので肉を追加してみんなで飲む事に。スカルは追加で出てきた肉と野菜を全部まとめて、ドカっと鉄板の上に放り出す、そしてかき混ぜるように焼き始める 「汚ねー!もっときれいに焼こうぜ

喉も腹も大満足。外の木陰でブーツを脱いで横になり 「あー気持ちいい」と思った瞬間、寝てた。疲れも取れて、アルコールも抜けたので、ツーリングを再開。軽井沢方面へ抜けようと妙義荒船林道へまさか本当に林道とは、目の前に見えるのは、まさしく砂利道。おまけに有料。そして踏み切りのようにバーが降りてる。 行くか? 止めるか? 砂利道は走りたくない、でも今来た道を戻るのも嫌。ジレンマに陥るが、勢いで「行っちゃえ!行っちゃえ!」と林道へ突入。ところが予想以上にすごい砂利道で、子供の頭位の石がゴロゴロしてる。オンロードバイクだから上手く走れず右へフラフラ、左へヨロヨロする。あの穴の方には行きたくないと思うと、何故かその穴に落ちてしまう。俺のガンマは低速トルクが無いからある程度アクセル開けてないとバイクのコントロールが難しいので、林道に入る時に前を走るグッさんとは距離を開けてスタートしたんだけど、追い付いてしまったぞ。冷静に考えると、なんて無い事なんだけど、対向車が来た時はビックリした。「ウッソー!車だ」と叫んだからね。こっちはヨタヨタ走ってるから、すれ違う時の怖かった事。砂利道にはセンターラインなんか無いんだぞ! 途中からやっと舗装された道になって、ほっと一安心。一応軽井沢まで出てコンビニの前で休憩。

今の砂利道で一気に下がったテンションが一向に上がってこない。何となく 「もう帰ろうか」という雰囲気に。碓井軽井沢ICから東京を目指す。上信越道は渋滞も無く快調。俺と同じRG500ガンマが走ってたのでちょっとバトルしたりしてたら少しずつ気分が高揚して来た。気分よく関越道へ合流するが、既に渋滞がはじまっていた。「これからずっとスリ抜けか」と考えると頭が痛くなった。永久に続くかと思うほど長い時間スリ抜けをして、三芳PAにどうにかたどり着いた。「アー疲れた、疲れた」と腰を伸ばしていると、大声で騒ぐ男がいる。そっちを見ると、酔っ払ったジイさんがクダを巻いてる。それを何人かのジイさんが、なだめすかして観光バスからトイレに連れて行こうとしてる。それを見て、「俺もあんなクダ巻きジジイになりてえや」と言ったら、ナッカーとオグオグが、「カンベンしてよ」とかぬかしやがった。

この日のツーリングは予定通りに進んだんだけど、訪れた先では、予想外の出来事が、待ち受けていた。「まじかよっ」 「トホホ」の連続だったよ。でもそれがツーリングなんだよね。


この日のお馬鹿達の足跡。

中央道石川PA→諏訪南IC→茅野小淵沢韮崎線→国道299号(麦草峠)→国道141号佐久甲州街道(川口パンク)→下仁田臼井線(龍岡城跡・地下湖最勝洞)→国道254富岡街道・コスモス街道→県道44号(神津牧場)→妙義荒船スーパー林道(有料の砂利道)→上信越道碓井軽井沢IC→関越道



予定先は予想外』の先頭へ