VF750F

このバイクに乗りたくて限定解除をしたようなもの。

買っては見たものの、古い時代のバイクで、今風のタンクの形じゃなくて、前後に長いタンクのため、ハンドルが遠くそして車重がかなりある。そのため考えたのが、ゼファー400のフロントサスが同じパイ数なので、そのトップブリッジを加工してバーハンにした。


キャリパーも'85年頃のホンダ車についてた通称“バッテンキャリパー”(効きがいい)に交換。マフラーはスーパートラップの2本出し4インチスリップオン。代理店のワールドサプライまで直接買いに行った。アメ車みたいな音がしてた。

上下に分割されたツインラジエーターがかっこよかった。友人がよく顔を出すバイク屋に輸出用メーターがあって(注文した人が取りに来なくて何年かたっていたらしい)それを手に入れ240キロメーターとなる。

軽井沢にツーリングに行ったときにちょっと飛ばしてみたら、
「あららっ?」180キロ位で、リアタイヤがブルブルとぶれだし始める。グッとニーグリップすると少しおさまり、再びスロットルオン。すると今度はハンドルが左右に細かく振れだす。「う〜んナナハンなのになぁ」すごく好きなバイクで期待が高かったせいか少しガックリ。それでもナナハンだから結構楽しめたよ。

もし発売当時に乗っていたら最高のバイクだったと思うほどのポテンシャルはあった。あとタイヤはAVONの“スーパーベノム”渋いでしょ。

バイクへ 健康法師の庵へ 見取り図へ