2000-12-10 『エクソシスト』 EXORCIST

初公開の時は、見る前から怖い映画というのがインプットされていたし、子供だから宗教についての知識も無かったので、グロイ映画という記憶しかなかった。今回見て色んなことが分かった。「神は何もしてくれない。あれほど真剣に真正面から宗教にかかわってる人ですら救われないもの。」だということ。

家族・自分を取り巻く環境、全てが救われる事は無く。クライマックスで少女を殴る姿は、もはや宗教家ではなく、全てを否定され、全てを失った、一人の男だった。自殺するなんて、キリスト教では最大の罪の一つのはずです。

『映写室から』TOPへ