2001-5-19 『ザ・メキシカン』 THE MEXICAN

数奇な運命を持つ世にも美しい銃“メキシカン”をめぐる男たちと一人の女を描いたコメディタッチの映画。下膨れで猿顔の二枚目俳優ブラッド・ピットと長身で口のでかい女優ジュリア・ロバーツの初共演。“メキシカン”の運命をなぞるかのように進むストーリー、劇中の時間を速くしたり遅くしたり、誰が敵で誰が味方かわからない、無駄なサービスカットが一切ない、等々の作りこみはラブコメとは言えないレベルにあると思う。

でも俺にはちょっと全体的に印象が薄かった。ブラッド・ピットはチンピラ役の方が生き生きしてるように見える。あとタイトルの“ザ・メキシカン”はメキシコ人とかメキシコ風という意味ではなく”メキシコ人のもの”という事です。

『映写室から』TOPへ