2001-2-12 『ザ・ウォッチャー』 THE WATCHER

スフィンクスみたいな変な髪形のキアヌ・リーヴスには笑ってしまった。オープニングとクライマックスの時の踊り、「何で、そんなにリズム感悪いの?。あんた“ドッグ・スター”のベーシストでしょうが」と、つい突っ込んでしまう。

その“ドッグ・スター”のプロモーションビデオを撮影した人の初監督作品なので、仕方なく出演したのかな?、と勝手に納得したりして。予算が少ないのか、キアヌ・リーヴスのギャラに大半を割いたかは分らないけど、今時の映画にしてはCGが安っぽすぎる。でもこうゆうB級テイストな映画は嫌いじゃない。エンディングでハッキリ死体が写ってたから、パート2は無し。

『映写室から』TOPへ