2001-1-7 『ホワット・ライズ・ビニース』 WHAT LIES BENEATH

さすが悪人顔のハリソン・フォード。自分をさらけ出した時の笑う顔、決まってます。「隣人が怪しいという先入観。妻が狂ってるという先入観。全部嘘でした。」なんてちょっと作りすぎよロバートさん。

“霊の存在をあんな風に利用したか”っていう感じはちょっと納得いかないけど、やっぱりハリソン・フォードは悪人役の方があってる気がする。

『映写室から』TOPへ