2003-10-12 『インファナル・アフェア』 INFERNAL AFFAIRS

俺と何時も一緒にいる『映画大好き』な人宛に荷物が届いた。中身は映画のDVDで、漢字で『無間道』英語で『INFERNAL AFFAIRS』のタイトルがついていた。俺と何時も一緒にいる『映画大好き』な人の友人が香港映画が大好きで、年に数回香港を訪ねるらしい。この映画を公開直後に香港で見て、お土産として香港HMVで買ってきたそうだ。公開直後にDVDが発売されるなんて日本じゃ考えられないぞ。

そんな事も忘れかけた頃、俺と何時も一緒にいる『映画大好き』な人が『INFERNAL AFFAIRS』を見に行こうと言い出した。「もしかしてあのDVDのやつ?」「ハリウッドでブラッド・ピット主演でリメイクされる事が決まってる」と言う。まぁどうせ、そのリメイク版も見に行く事になるだろうからと2作続けてアジア映画を見に行く事になった。

アジア映画(香港・中国)を見ると、普段何気に使ったり目に入ったりしてる英語が漢字になっていて、おまけに日本じゃ使われない字や意味が通じない漢字だったりするから奇妙な感覚にとらわれる。BASIC PITURE⇒基本映画。PRESENTED・・・⇒出品人。等々だ。

映画のオープニングでヤン/トニー・レオンとラウ/アンディ・ラウの警察学校時代のヤン役とラウ役の俳優は逆の方が10年後のヤンとラウ各々の顔付きに似てて分かりやすかったんじゃないかな。潜入捜査をしてるヤンの事をウォン警視とイップ校長のたった二人しか知らないのってのもなぁ。そしてウォン警視がビルの屋上で直接指示するのもなぁ。でもそうやってはっきりと描かれているから分かりやすいのは確かだ。ただプレゼントの時計の件は今いち分かりづらかったよ。捜査の為のツールかと思ってしまった。盗聴器はマフィアたちの会話を聞くためだと思っていたら、モールス信号を送る為だなんて、意外でビックリだ。会話の中に「何処に盗聴器を埋め込むんだ」とあった事を思い出した。かたやラウの方はパソコンを使ったハイテクだ。ブツを取引するマフィアたちを追い詰めていくあたりはすごく面白かった。でも携帯の通信記録とかメールの発進元とか調べれば誰が裏切り者(スパイ)なのか分かるんじゃないかな・・・無理なのかな。もしかして『飛ばし』?

ラウが警察内の内通者を見つける責任者に任命され、上司と一緒に海へ向かってゴルフボールを打つ時に組織を裏切る決心をしたと思う。エリートコースに乗ったんだもんね。でも海にゴルフボールを打ち込んじゃ駄目でしょ。特に警察官はやっちゃいけないよね。

意識的なのかもしれないけど、劇中の携帯の着信音のでかい事でかい事。そして何処でも大声で会話をする。日本を除くアジアの国は会話文化があるって聞いてたけど本当なんだね。

ヤンとウォンがビルの中で追い詰められるシーンの結末は見ていて悲しい場面だったが、後から考えてみると数台のエレベーターはまだ一桁台の階数で、残りの人間が階段を駆け上がっているんだから23階とか22階に降りて何処かのオフィスに隠れるか、その階からエレベーターに乗ればよかったんじゃないかと思ったよ。

ヤンが映画館から出ていくラウの後を付けていくシーンや署内でヤンとラウが会い、ウォン警視のパソコンからヤンのデータが削除され、ヤンもラウの正体に気付くあたりのシーンはスクリーンを食い入るように見てしまった。俺と何時も一緒にいる『映画大好き』な人の友人は劇中に出てきた映画館でこの映画を見たそうだ。そんな事ってあるんだね。

ラウは出世と保身の為に大切な人を失い仲間を裏切った。ヤンは死後に復権を果たすが、係わった人全てを不幸にさせてしまう。ラウの人生はその後『無間道』に落ちてしまう。考え様によっちゃ悪人が回りの口を封じて知らん顔して生き残った映画ともいえるかも。

でも本当は『悪人が善の側に入れられ、善を行いながら悪の側を助ける。善人が悪の側に入れられ、善の側と手を結びながらも悪に手を染めてしまう。悪人は善人になりたいと思う。善人は善の側に戻りたいと願う。悪人は悪人側の人間と善人側の人間を殺し善人側の人間の振りをする。善人は悪人から悪の側の人間として殺される。その後悪人は地獄の日々を送り、善人は死後に善人側の人間となる』こんな分かり難い内容なのにハリウッドでリメイクして大丈夫かね?理解出来るのかね?

オープニングでの警察学校のシーンがラストで効果的に使われていたね。ラウの「俺はなりたい」の言葉の意味がこの場面で良く分かる。

映画が公開される前にDVDが手元にあるなんて初めての事だから、帰って早速見ました。広東語に北京語の字幕だ。それも2種類ある。おまけにもう1つのエンディングもあった。もしかしてハリウッド版はこっちのエンディングだったりして。そしてトニー・レオンとアンディ・ラウが歌う『無間道』も広東語と北京語の2ヴァージョンがあった。歌詞が違っていたけど、広東語と北京語って発音だけじゃなくて字も違うのかな?

『映写室から』TOPへ