2003-8-2 『マトリックス リローデッド』 (2回目) THE MATRIX RELOADED

今日は凄く暑い。どうやら東京もやっと梅雨が明けたようだ。いつも行く映画館の周りは花火大会へ行く人がバス停で長蛇の列をなしている。冷房が効いた映画館のロビーでは、日本映画とアニメの話題作のキップを買う人がここでも長蛇の列を作っていた。何だか唖然としてしまった。

結末がハッキリしていない映画を2度見ても分からないものは分からん。同じシリーズ物でも『ロード・オブ・ザ・リング』は小説が長く愛されていたし、物語のテーマが指輪を捨てに行く事だから一貫性もあるし突拍子な設定もないから、何となく次回作の予想がつくよね。そして『ハリー・ポッター』はハリーが成長していく過程で、自分の親や自分自身を再認識して大人になっていく映画だと思う。一応一話完結の作りになっていて順番で見なくてもいいし、小説でも読める。対して『マトリックス』は、第1作目ではある程度の完結をみせたけど、『リローデッド』と『レボリューションズ』は合わせて1つの作品で、おまけに書き下ろしのシナリオで撮り下ろしの映像だから作った人意外分かる人はいないわけだし、どういう意味を持ってるのか理解できない事ばかりだ。その為なのか、わざとなのか、不満と疑問が残るカットやシーンが幾つか有ったんだ。


その1
センチネル(歩兵)が穴を掘りながらザイオンに近づいて来る設定はスクリーンを見ていてハラハラさせるカットにはなっていたけど、真っ直ぐザイオンに向かって掘り進んでるという事はザイオンの所在地を把握しているわけだから、穴を掘るなんて無駄な事をせずに地中に何本も通っているパイプを使ってザイオンを攻撃した方が手っ取り早いと思うけどな。劇中でも言われていたように「機械だから」無駄な事をするのかな?
その2
ネオがソースの中でアーキテクチャーから真実を告げられた後にソースを破壊するカットもよく分からない。マトリックスのソースを破壊してもただのプログラムなんだからすぐに再構築されるだけだと思う。ネオが眠っていた場所にあるマザーコンピューターを破壊しなければ無意味な気がするけど。
その3
ソースを破壊する作戦とセンチネルを待ち受ける作戦が同時進行する所も、ネブカドネザル号以外の艦長やクルーの説明が不十分なのでロック司令官とナイオビを除くと誰が誰だかよく分からないんだ。どっち側が攻撃されたのか一見して分からなかったからね。
その4
スミスが自分のコピーを作る能力を得た事は何度も繰り返し説明されていたけど、コピーする前の姿形で行動が可能だとは言われてなかったので、最初にネオと戦ったエージェントがスミスのコピーだったのを理解するのに時間が掛かった。
その5
『レボリューションズ』の予告編で「スミスを倒さなければ、明日は無い・・・」みたいな字幕が有ったけど、その台詞は誰が言ってたんだろう?すごく気になるんだけど。スミスはネオによって破壊された後、何らかの方法で復活した。その時ネオの力の一部がコピーされたらしい。その時ネオとスミスは表裏一体の存在とは言えないまでも何にかしらインタラクティブな関係になったのかもしれない。ネオのダークサイドを写す鏡の様にね。それを感じさせるのがマトリックスの外でネオが力を発揮させる直前「奴らを感じる」という台詞を言うカットだ。救出される船の中にはスミスが乗り移ったベインがいたからね。「お前の持っている全てが欲しい」というスミスが言う台詞も気になるよね。
その6
マトリックスの中で死ぬのは現実世界でコンピューターに繋がれている肉体からジャックを抜かれて死んでしまう時かマトリックスにいる意識が痛みや衝撃を事実として認識した時だよね。トリニティーはビルの屋上からバイクと供に飛び降りて怪我1つ負わないんだから、銃弾を打ち込まれた時に事実として認識さえしなければ死ぬような目には会わないはずだと思ったけど、ネオを除く並みの人間は仮想現実の中でも現実世界の物理的法則が無秩序に作用するようだ。そうでないと本当に何でも有りの映画になってしまってつまらないもんね。。
その7
ツインズの最後がどうも気に入らないんだ。ゴーストの様なものに変化すると物理的な法則が当てはまらなくなるんだから、車が爆発する時に驚いている暇が有るのならゴーストに変化して逃げれば良かったのにと思う。

他にもいくつか有るけど、何を意味しているのか俺自身が理解出来てないから文章に出来ないんだよね。『マトリックス』って映像だけじゃなくて、ストーリーやネーミング、色々な設定などを含めてすごく面白いし興味をそそられる映画だと思う。

映画雑誌のインタビューで「実は死んだ人が見えるんだは無い」。「箱の中に箱が有る事も無い」とキアヌ・リーブスが言っていたから、ネオはプログラムではなくて生きた生身の人間で、ザイオンも現実に存在する街なんだ。それだけはハッキリしたようだ。

『映写室から』TOPへ