『All Needs Is Cash/「ラトルズ・4人もアイドル』

直接今回のユートピアのアルバムとは関係ないけど同じくビートルズ関係の映像のパロディから。

イギリスのコメディ集団『MONTHY PYTHON/モンティ・パイソン』が1978年に発表した、ビートルズのデビューから解散までの活動の全てをパロディと化した映像『All Needs Is Cash/ラトルズ・4人もアイドル』もある意味では狂気の作品だと思う。

あまりにもソックリに曲を作りすぎた為に“ビートルズの未発表曲収録”と謳ったブートレッグに“ラトルズ”の楽曲が入ってしまった事でも分かると思う。

TX系列で放送された時は当然日本語吹き替えで広川太一郎や納谷吾郎が声優をしていて、今見ることが出来る字幕版より100倍面白かった。

何でジョージ役がインド系の男でセリフがまったくないのは俺たち日本人では理解できない範疇にあるのかもしれない。LSDをTEAとパロったりするそのギャグは日本のコメディ集団とは一線を画すと思う。お笑いの領域がステージのみでなく映像や音楽といった範囲まで広がっている事などは、土台となっている国自体がオリジナルを模倣した上でオリジナルそっくりに再構築される事の面白さを分かっている事のすごさがあると思う。

ミック・ジャガー、ロン・ウッド、ポール・サイモンらがインタビューを受けて“ラトルズ”との思い出(当然架空の)を語るシーンやエド・サリバンショーの映像を加工して使ったり、ビートルズのジョージ自身がリポーターに扮してインタビューするシーンは笑いが止まらない。

P.S. 映画『12モンキーズ』の監督テリー・ギリアムもモンティ・パイソンの一員です。

ユートピアへ 健康法師の庵へ リョーちん堂レコードへ