地下鉄猫 

千代田線の日比谷の駅にいたら、「ニーヤー」と猫の鳴き声が聞こえた。「おっ地下鉄の駅に猫がいる」と思い、その辺りを歩いてみると、ケージに入れられた猫だった。同じ電車に乗り近くで見ていたら、ドアが閉まる時の音や、レールのこすれる音、そしてブレーキの音がするたびに 「ニーヤー・ニーヤー」とすごい大声で鳴き続ける。車内で一番の注目を浴びていた。その猫の持ち主は乃木坂の駅で降りたんだけど、ホームを歩いている時も猫の興奮は冷めず、ずっと 「ニーヤー・ニーヤー」と鳴きつづけ、遠ざかるにとともに声もフェードアウトしていった。きっとその夜は泥のように寝たんだろうなあの猫は。

1つ過去へ←<< 2000-11-24 >>→1つ未来へ

『ダブル・ラッキー』へ 『健康法師の庵』へ