そば屋で食べたカレーと変わり種蕎麦の味

もうかなり前に一度だけ(俺の知る範囲で)TVで紹介されたそば屋に行った。近くまでは何度か行った事があるけど、チャンスが無かったんだ。そば屋なのに何故か『カレー』が有名らしい。俺といつも一緒にいる人は『カレー』を注文、俺は『中華つけそば』を注文した(限定物に弱いんだ)。『カレー』は学食で食べたものを思い出させてくれた。色は昔懐かしい黄色だ。薄い豚肉なのが尚更嬉しい。『中華つけそば』は出てきた物を見て、苦笑いだ、平打ちの麺で、見るからにラーメンの麺だ。それを蕎麦つゆとゴマだれのつゆに浸けて食べるんだ。インパクトはかなり強烈。脳がパニックをおこしてしまった。今まで食べた事が無い組み合わせだからね。「俺は今何を食べてるんだろう」と笑ってしまったよ。頭では理解不能、説明も不能の味だ。

店の中に居る時に猫の鳴き声が聞こえていた。見渡すと、ガラス越しに猫のシルエットが見えて、外にいる事が分かっていたから、食べ終えた後に当然猫写しましたよ。ちなみに店名は『栄屋』です。

1つ過去へ←<< 2002-03-24 >>→1つ未来へ

『ダブル・ラッキー』へ 『健康法師の庵』へ