負けたから胴上げ無しよ、でも優勝だ

ライオンズの優勝マジックも一桁になった。この調子で行くと平日のナイターで決まりそうだから、のんびり構えてたんだ。それがマジック対象チームのダイエーと近鉄がガッツをみせて、マジック1で週末にもつれ込んで来た。「そうか、そうか。そんなに俺に見て欲しいのか」

球場は、ずっと前に一度だけ行った事がある『千葉マリンスタジアム』だ。交通手段は何? さぁパソコンを起動だ。それ『乗換案内』だ。入場料は幾ら? やれ『公式サイト』だ。 何処に並ぶんだ? せいや!『ファンサイト』だ。明日もまたまた早起きだ!! 西武ドームに行く時とは逆方向の列車に乗り、千葉方面へ向かった。俺と何時も一緒に居る『ライオンズ大好き』な人は乗換駅で会社に連絡し休みを取ったぞ。行き慣れてない場所は勝手が分からずアタフタしてしまう。どうにかチケットをゲットし、試合開始だ。

試合内容は最悪の一言に尽きる。何の策も無し。一方的な展開で負け。現時点での優勝は無し。ダイエーのナイターの結果待ちだ。疲れたー、クソ!帰るぞ。「あーもう、駅までの道がやたら長いぞ! 駅に近づくにつれて人が増えてるじゃないか! 苛つくぜ!!」

もしダイエーが勝ったら優勝は明日に持ち越しだ。二日続けてここに来るのは嫌だ。家に帰って日本ハムを応援しよう。でもどこも中継はしてないぞ。インターネットの速報サイトのみが頼りだ。得点は1-0で日本ハムがリードのまま試合は進み9回表も2アウト。ダイエーは最後の打者だ。テンションが上がる上がる。そしてパソコンの画面が自動更新される。「やったー! 優・・・じゃないホームランだ。同点だ!」 一気にテンションは地の底まで落ちた。

試合は延長12回引分けでライオンズが他力で優勝した。なんかすっきりしないなぁ。今日一日は何だったんだよ、伊原さんよ

1つ過去へ←<< 2002-09-21 >>→1つ未来へ

『ダブル・ラッキー』へ 『健康法師の庵』へ