引退と四球

今日の試合がライオンズの今シーズン本拠地での最後の試合だ。そして元ライオンズ、そして今は福岡ダイエーの秋山と、元中日、現ライオンズ清水の引退試合出でもある。そしてカブレラの56号の期待がかかり、俺らの今シーズンの公式戦、最後の観戦試合にもなる。

昨日の文化放送で渡辺久信が秋山の胴上げに参加したいと言ってたから、「来てるのかな?」とか思ってたら。始球式でマウンドに登った。バッターは秋山だ。へぇー粋な演出じゃんか。俺らは「秋山!打っちゃえ、打っちゃえ」と大声で騒いでたら、本当に打ったので、大笑いした。

試合は3-4でダイエーの勝ち。もう優勝は決まってるから勝敗は無関係。ただし試合の内容は殺伐とした物になった。期待のカブレラはフォアボール、高めのボールを無理矢理ヒット、フォアボール、デッドボール、最後は三振。もうブーイングの嵐。2年続けてこれじゃ、自分の記録が色褪せてしまう事になると、気付かないのかな王は。去年は若菜が責任を取った。今年は誰に責任取らせるんだろう。もう止めようよこんな不毛な事は。先発の若田部の気持ちも考えて方が良いと思うよ。秋山と清水の引退試合に泥を塗るようなことしなくても良いだろうが。でも俺たちライオンズファンは納得行かねぇよ!! 予定変更だ。行くぞ!。明日の東京ドームの日ハム戦に。「もう、喉がガラガラだ」 あーっ腹が立つ。

1つ過去へ←<< 2002-10-05 >>→1つ未来へ

『ダブル・ラッキー』へ 『健康法師の庵』へ