伊東が引退を発表

今シーズン限りなのは分っていたけど、やっぱり寂しいものだ。日本一で引退出来なかったのは残念だけど、それはどうしようも出来ない事だからなぁ。

現役22年間で13回のパ・リーグ優勝、7回の日本一。ベスト・ナインは10回、ゴールデン・グラブ賞にいたっては11回だ。凄過ぎるぞ!!

記憶に残ってるのは88年の日本シリーズで中日の抑えの郭源治から日本一を決めるサヨナラのセンター前タイムリー・ヒットと94年の開幕戦で近鉄の野茂にノーヒット・ノーランをやられていた試合を替わった赤堀から打ったサヨナラ・スリーランかな。コーチ兼任だったけど最後までキャッチャーを貫いた、こんな丈夫ですごい選手ってしばらく出ない気がする。

元ホークスの秋山とは高校時代からのライバルで、伊東は熊本工業のキャッチャーで4番。秋山は八代高校のエースで4番。熊本県予選の決勝で両校が対決し二人ともホームランを打つが4-1で熊本工業が勝利した。なんてすごいよね。

秋山はその年のドラフト外でライオンズに入団。伊東は所沢高校定時制に転校し球団職員となり翌年のドラフト1位でライオンズに入団。秋山は昨年引退だから、プロでの年数も同じだ。

広岡、森、東尾、伊原の4人の監督の下でプレーし、全て優勝を経験した伊東が西武ライオンズとして初の生え抜き監督になる日はもうすぐだ。お疲れ様でした。どんな采配を見せてくれるのか今から楽しみだ。来年はバリバリ見に行くからね。

1つ過去へ←<< 2003-09-19 >>→1つ未来へ

『ダブル・ラッキー』へ 『健康法師の庵』へ