13年と10ヶ月

やっとブーツを買い換えた。バイクに乗る時に履くブーツなんだけど、ライディング・ブーツじゃなくて、CHIPPEWAのエンジニア・ブーツで今じゃそのブーツをライダー・ブーツとか呼ぶらしい。

もう4〜5年前位から買い換えるつもりではいたんだけど。長く履いてるとブーツが足にフィットしてバイクの運転が快適だし履いたり脱いだりするのが楽なもんだから買うのを先延ばしにしてたもんだからブーツがボロボロになって悲惨なことになっちまった。

デコボコした道を歩くとソールが薄くなってるもんだから地面の凹凸が足の裏で感じられて歩きにくい。時には痛い時もあった。ヒールも斜めに削れて小石が詰まったりするんだ。そして一番悲惨なのは両踵の革が破れて穴が開いてしまった事。特に右足の穴は大きさが500円玉位あるんだ。冬場バイクに乗ってると風がビュウビュウと吹き込んできて滅茶苦茶寒い。雨は当然振り込んで来て足はビチョビチョになるのは勿論の事、石まで飛び込んでくる始末だ。

そうなってもしばらくは履いてたんだけど、周りから「これ酷いね」と言われ始め、俺も「こりゃもう駄目だな」思わざるを得ないようなブーツの形になっていた。数えてみれば買ってから13年と10ヶ月の年月が経ってるんだもんな。

遅すぎる感も充分あるが、一念発起してブーツを買い換えたんだ。新しいブーツはずっしりと重く、革もしっとりとして滑らかだ。いかにボロいブーツだったか再確認したよ。今まで俺の足を守ってくれてありがとう。そしてお疲れ様。新しいブーツ君、これからはよろしくね。長く付き合って行きましょう。

1つ過去へ←<< 2003-10-11 >>→1つ未来へ

『ダブル・ラッキー』へ 『健康法師の庵』へ