ガスコンロ

 

近所のスーパーでガスコンロを買ってきた。電化製品は新製品が出るたびに性能がアップし、小型化されていくのは常識として判っているけど、ガスコンロまで一回り小さくなっていて「へえー」と感心してしまったよ。


まずは、ガスの元栓を閉めなきゃな。押して右に回してっと・・・。ありゃ固まって動かないぞ。何回か試してみるが動かない。無理やり回して、何かトラブルが起きるのは嫌だ。なんせ相手は目に見えないガスだから無茶はしたくない。こりゃ東京ガスに電話だな。

「何々?、相当な力を入れても壊れないようになっているから大丈夫だって?本当かい」 思いっきり力を入れたらコックは90度回転してピタリと止まった。どうやら言葉に嘘は無かったようだ。俺の右手にはガスの元栓から外したガスホースに差し込まれたジョイントがある。10年以上も差し込まれたままだから取り外すのに苦労しそうだ。この際新品に換えるかと、先程のスーパーに再び足を運んだ。


ガスホースを売っている辺りを見渡してもジョイントは見当たらない。時間が勿体無いから、店員を呼び止めて聞いてみた。しばらくガスホースが並ぶ棚の辺りをガサゴソとやって、「置いてないようですね」と言いやがった。そこはさっき俺が確認したって! 何で置いてないのか文句の1つでも言おうと思ったが、これも時間の無駄だと思ったから、スーパーを出て別の店へ向かった。

そこは通りを渡った所にある個人経営のホームセンター(昔風に言えば金物屋だ)で、夜になりかけの薄暗さの中に看板が明るく輝いていた。安心して通りを渡り、店の近くまで来ると、何か雰囲気が変だ。妙に暗いぞ。看板の明かりが消えてる! シャッターも閉まってるじゃないか!! ボケーッと歩いてるうちに閉店しちまったようだ。なんてついてないんだ。トホホだよ


あーあー、こうなったら地下鉄に乗って大型電気店まで行くしかないじゃないか。なんでこうなっちゃったんだろうなぁ。

無事セッティングが完了したガスコンロは、すごく快適だ。お湯が沸くのが早いぞ。嬉しいな。

1つ過去へ←<< 2004-02-08 >>→1つ未来へ

『ダブル・ラッキー』へ 『健康法師の庵』へ